インフラエンジニア必見! LPI-Japanが提供する新たなLinux技術者認定試験「LinuC」

Text By:techhub

2018年2月にLPI-Japanから、日本の市場に合わせて新たなLinux技術者認定試験「LinuC」が発表されました。

Linuxの技術者認定試験といえば、これまでNPO団体のLPI(Linux Professional Institute)が提供してきた「LPIC」と呼ばれる資格が一般的でしたが、それと並行して、独自の新試験を展開していきます。

LPI-JAPAN公式HP

LPICとの混乱を避けるため3つのフェーズを用意しており、それに従って段階的な導入に取組んでいくようです。

3つのフェーズ

1.Lpic試験内容と同じ内容で実施
2.日本市場のニーズを反映させた試験内容の導入
3.海外市場の各ニーズを反映させた試験内容の導入

また、LPIC同様にLinuCも3つのレベルがあり、それぞれLinuCレベル1、LinuCレベル2、LinuCレベル3となっています。

3つのレベル

レベル1:Linuxシステムの構築・運用・管理
レベル2:Linuxサーバやネットワークを含むシステムの構築・運用・保守
レベル3:Linux、Windows、Unixが混在するシステムの設計、構築、運用・保守など、各分野の最高レベルの技術者を持つ専門家の知識

尚、LPI-Japanでは、LinuCの導入に伴いLPIC認定者・試験合格者向けに「LinuC認定取得無料優待プログラム」を実施しています。LPICと同等のレベルのLinuC認定を無料で取得ができます。また、資格の期限が切れてしまった方でもLinuCの受験料が50%オフになるプログラムも実施しています。興味のある方は詳細をチェックしてみてください。

LPIC認定者・試験合格者向け LinuC認定取得 無料優待プログラム(2018年8月31日まで)

今回はLinux技術者認定試験の新資格「LinuC」をご紹介しました。

今後日本のIT市場がさらに激化していく中で、日本の市場に沿った資格であるLinuCを取得することによって、より最適な知識やスキルを身につけたいですね。