プログラミング言語「Ruby」を学べるeラーニングサービス

Text By:techhub

シンプルでなおかつ高い生産性を兼ね備えた日本発の言語「Ruby」。その特徴からスタートアップなどで使われることが多い人気の言語です。初心者でもとっつきやすい直感的な文法で、日本発の言語なので資料も多く勉強会も開催されています。

Rubyで開発されたwebサービス

・クックパッド
・食べログ
・価格.com
・twitter
・Github

どれも聞いたことのある有名なサービスです。日本発の言語で、これらのサービスが開発されているのは嬉しいですね。

Rubyを学べるeラーニングサービスを紹介

Rubyは確かにシンプルで楽しい言語といわれていますが、独学で習得するとなるとなかなかハードです。そこでRubyを勉強するのに、おすすめのeラーニングサービスをご紹介します。

Codecademy

Rubyを含め、様々なプログラミング言語の学習に対応しているサービスです。ハンズオン形式でブラウザ上でコードを実際に打つことができ、出力画面も表示されるため、自分のコーディングを確かめながら学習することができます。わざわざテキストエディタをインストールしなくてもよく、出力も簡単に出来てしまうので学習のスピードは速くなりますね。ただ、海外のサービスなので英語の読解力が必要になります。

Codecademy HP

Progate

先述した「Codecademy」と似てる、国内のサービスです。こちらもRuby以外の言語にも対応しています。ハンズオン形式で最初にレクチャーのスライドを読んでからブラウザ上でコードを入力し、自分のコードを確かめることができます。また、課題をクリアすることで自分のレベルが上がるようになっているので、ゲーム感覚で学習できる点も飽きなくていいですね。

Progate HP

RUBY WARRIOR

海外のサービスで日本語非対応ですが面白いサービスなのでご紹介します。Rubyに特化した、コーディングすることでキャラを動かし、クリアを目指すRPGテイストのサービスです。いざ勉強となると気が引けてしまう方向けかと思います。これもハンズオン形式の学習方法で、コードを入力して出力することでキャラが動くので、正誤判断が簡単にできます。ただし、説明が簡潔すぎて初心者には少しハードルが高いかもしれませんね。

RUBY WARRIOR HP

まとめ

今回はハンズオン形式の無料eラーニングサービスを3つご紹介しました。Rubyは人気の言語なだけあって、たくさんのサービスで提供しています。今回取り上げた学習サービスだけでなく、いろいろなサービス、記事、サイトを調べてみることをお勧めします。