サーバエンジニアの仕事内容を分かりやすく解説

Text By:techhub

今、ITエンジニアの中でも、インフラ系に特化したITエンジニアへの転職を志しているあなた。まだ絞り込めていないという人へ、今回は、ITインフラエンジニアの中の一つである「サーバーエンジニア」は、どのような仕事を行っているのかを分かりやすくご紹介します。

サーバエンジニアについて解説

サーバーエンジニアとは?

ITインフラには、ネットワークやサーバ、データベースなどのさまざまなものがあります。この中でも、サーバの専門知識と技術を持ち、活躍するのがサーバーエンジニアです。

「サーバ」とは、ネットワークでつながったコンピューター同士の連携には欠かせないもの。サーバは、「サービスを提供する側」のことで、必ずお客さんがいます。例えば、「メールサーバ」であれば、インターネットを介してパソコンという「クライアント(お客さん)」に対してメールを送受信・管理というサービスを提供します。このように、何らかのサービスを提供するコンピューターのことをサーバと呼びます。

サーバーエンジニアは、このサーバを選定・配置・配線し、そのサーバを動かすアプリケーションのインストールや設定などを行います。そして稼働後も監視・保守は欠かせません。

サーバエンジニアの仕事内容とは?

このサーバエンジニアの具体的な仕事内容をもっと詳しくみていきましょう。
大きく分けて、次の4つに分けられます。

1.サーバの設計業務

サーバを使用する必要が出てきた場合、ただ機器を接続するだけではサーバーは機能しません。サーバの知識を持って、メールサーバ、ファイルサーバ、WEBサーバなどの種類を選び、どのサーバを設置するのが適当なのか、それは何台必要なのかなどを決める設計を行います。

2.サーバの構築業務

設計通りにサーバを実際に設置し、配線、OSのインストールなどを行う業務です。

3.サーバの監視・運用業務

サーバー関連の設定変更対応や、バックアップ対応、セキュリティに関する監視などサーバを監視する業務です。

4.サーバの保守業務

もし障害が起きた場合、メールやサーバとの連携に支障が起き、業務がストップしてしまうこともあります。これを専門知識と技術で一刻も早く復旧させる業務です。

サーバエンジニアは、インフラの中でも、メールやファイルなどの情報共有やセキュリティといった重要な役割を持つサーバを構築・管理する仕事です。ITインフラには欠かせないサーバについてのスペシャリストです。