勉強会「Ciscoと映画と僕の休日」を開催しました

Text By:techhub

現場に配属されて間もない若手エンジニアからよく聞かれるのが、

「Cisco製品を業務で触っていないので、復習をしたい」
「授業で聞いた事のない事が沢山出てくる」
「ネットワークの検証やっているんだけど、何やっているか分からない。」

そんな声に応えるようにCiscoと映画と僕の休日は開催しました。

先週の土曜日にネットワークの勉強会を実施して現場に出ているアカデミー生達が11人参加してくれました。

みんなホワイトデーなのにとてもとても勉強熱心ですね。

授業の内容

1.ルーティングってなんだっけ?
2.知っていると作業が5倍速くなるCiscoコマンド
3.L3SWを使ったNW構築
4.検証のやり方、教えます

の4項目になります。

今回はその中でも知ってると作業が5倍速くなるCiscoコマンドの中から、3つほど抜粋してご紹介しますね。

作業を効率化できるCiscoコマンド

wr(EXEC特権モードで使用)
「write memory」の略で「copy running-config startup-config」と同じ意味で、設定を保存したいときに便利です。機器の電源を落とす前には癖のように「wr」です。

terminal length 0(EXEC特権モードで使用)
「show running-config」を行うと、moreって出て来てログを取る時なんかに邪魔ですよね。この場合「terminal length 0」を使うとページ送りをせずに一気に結果を画面に表示しますので取ったログもとってもきれいになりますよ。

do(コンフィグレーションモードで使用)
設定変更を行っている時に現在の設定を確認したかったら、一度EXEC特権モードに戻ってから「show running-config」を実行しないと行けないのですが、これがなかなか面倒。基本的にコンフィグレーションモードでは確認コマンドを実行できないのですが、先頭にdoを付ける(do show runというように使う)とコンフィグレーションモードにいながら確認コマンドを使えます。

ちょっとCiscoをかじった人でないとよく意味が分からない内容だったかもしれませんが実に便利なコマンドなので現場でも使ってみて下さい。

さいごに

午後はTSUTAYAで借りて来た映画をみんなで見たのですが、コメディ系なのに誰も笑わないというなんともシリアスな鑑賞会になりました。

ちなみに借りて来たDVDはこちら

映画「荒川アンダーザブリッジ」

みんなで映画をみよう!という最初の試みながら攻めすぎてしまった感じがありましたので、次回は全米が泣いたような王道の映画にしたいと思います。

それではまた。