CCNA 資格

CCNAを勉強するならオンライン講座がオススメ!

CCNAを学ぶ方法として、主に「独学」「専門スクール」「オンライン講座」の3種類があります。その中でもオススメしたいのが、オンライン講座です。

 

CCNAの勉強方法として、なぜ「オンライン講座」で学んだ方が良いのか紹介します。また、講座を選ぶ際に見るべきポイントもまとめましたので、これからCCNAの資格取得のために勉強をしようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

 

▼ オススメのオンライン対策講座

[myphp file='mag-banner-itinfra']

CCNAの基本概要

CCNAとは、ネットワークエンジニアとしての技能を認定する試験のことです。世界最大手のネットワーク機器の開発会社「シスコシステムズ社」が実施しています。

 

シスコシステムズ社は、ネットワーク機器市場で圧倒的なシェアを誇っているため、CCNAの資格を取得できれば世界共通基準の技能を証明できるものとなっています。

 

また、シスコシステムズが認定するネットワーク試験(シスコ技術者認定)には5つの段階があります。CCNAは、下記の5段階の中から2番目に簡単な「アソシエイト」に区分され、主に新人ネットワークエンジニアが取得することを想定している資格内容となっています。

 

■シスコ技術者認定のグレード

  • CCENT:エントリー
  • CCNA:アソシエイト
  • CCNP:プロフェッショナル
  • CCIE:エキスパート
  • CCAr:アーキテクト

 

この他、CCNAの資格に関する詳しい内容については「CCNAとは?資格に関する基本情報から受験方法・勉強方法までを解説!」で紹介していますので、もっとCCNAの基本情報について知りたい方はご覧になってください。

 

CCNAの勉強をするなら独学?スクール?オンライン講座?

CCNA資格を取得するためには、最新のネットワーキング技術やソフトウェア開発に関する知識が必要です。

 

CCNAを学ぶ方法として、「独学」で参考書や問題集などで知識を付けたり、「専門スクール」に通って勉強したりする方法があります。また、近年人気の「オンライン講座」もあり、どの学習方法が自分に合っているのか確認しましょう。

 

独学でCCNAを学ぶ場合

CCNAを独学で学ぶ方法は、参考書や問題集を入手し、試験日に合わせてスケジュールを組んで勉強する方法が一般的です。

 

CCNAの試験を主催するシスコシステムズ社から試験の練習問題が公開されていますので、参考書や問題集などと組み合わせて試験対策をすると良いでしょう。

 

また、参考書は一通りの知識を学んだら終わりではなく、何週も読み込んで十分理解するようにしてください。

 

自分のペースで勉強をしたい人、なるべく試験対策の費用を抑えたい人であれば、勉強時間や出費をコントロールしやすい独学が向いています。

 

デメリットとしては、強時間が確保できなければ合格への道のりが遠くなってしまうことです。試験日までの目標としてスケジュールをしっかり組んで、その通りに勉強を進められる人でないと合格は難しいかもしれません。

 

専門スクールでCCNAを学ぶ場合

CCNAに限らず、ネットワークエンジニアを目指して勉強できるスクールがあります。

 

スクールに通うメリットは、直接講師に質問ができる、勉強場所がしっかり確保できるなどです。

 

またCCNA試験には、実機に関わる問題(シスコ製品のコマンド入力方法など)が出題されることもあり、スクールであれば実際に実機を触りながら学べるので、参考書だけを見て学ぶより理解が深まります。

 

ただしスクールに通う際の懸念が、費用が大幅にかかることです。スクールによって金額は異なりますが、およそ10〜20万円ほど学費がかかります。

 

また、仕事をしている人であれば、忙しさによってスクールに通う時間が確保できなくなり、最終的に辞めてしまう人もいます。これらのことから資格取得に必要な費用がかかっても必ず合格したい人、しっかり通って学びたい人でしたら、スクールで学ぶことをオススメします。

 

オンライン講座で学ぶ場合

独学と専門スクールの良いと取りのように学べる「オンライン講座」が人気です。

 

 オンライン講座でCCNAを学ぶメリットには、好きな時間に好きな場所で学べる、自分のペースで学べる、試験対策のプロがつくるカリキュラムにそって勉強ができるなどの点が挙げられます。

 

また、オンライン講座なら動画を使った授業になるので、一般的な参考書だけではわかりにくい内容も、写真やイラスト、わかりやすい講師の説明などによって理解しやすくなっています。

 

基本的には独学と同じように、自分で試験日までの目標スケジュールをたてて勉強することになります。しかし独学と違う点は、進捗管理を自動で行なってくれるので、どこまで勉強してきたのか、あとどれくらい勉強すれば良いのかなどの進捗が一目でわかります。

 

また、スクールに比べて試験対策に必要な費用が安くなります。先にも話している通り、スクールでは数十万の学費が必要ですが、「techhub」のオンライン対策講座なら3万円ほどでCCNAの試験対策が可能です。

 

失敗しない!CCNAを学べるオンライン講座の選び方とは?

CCNAを学べるオンライン講座を選ぶ際には、以下のようなポイントを確認してから決めましょう。

  • プロの講師の講座が受けられる?
  • サポートは充実している?

 

プロの講師の講座が受けられる?

CCNAの資格を取得する上で、基本的な運用や保守などの知識だけでなく、さらにその上の要件定義などの知識も学ぶ必要があります。

 

そうした際に、実務経験がある幅広い知見を持つ講師から教わることができれば、より理解も深まるでしょう。そのためには、現役講師や経験豊富な講師が作成・監修したカリキュラムがあるオンライン講座を選びましょう。

 

サポートは充実している?

オンライン講座を選ぶ際には、サポートが充実しているかどうかも確認しておきましょう。サポート体制がしっかりある講座なら、わからない問題や困ったことがあっても、いつでも気軽に確認ができて安心です。

 

また、CCNAはマイナーチェンジが比較的多い試験です。もし、サポートがしっかり行われていないオンライン講座を選んでしまうと、誤って古いバージョンのまま勉強をしてしまう可能性があります。

 

それでは講座を受ける意味がありませんので、最初からサポート体制がしっかり行われ定期的に更新がされるオンライン講座を選びましょう。ちなみに「techhub」では月1回の情報更新をしています。

 

CCNAを取得する!オススメのオンライン対策講座

ネットワークエンジニアを目指している方、知識や技術を増やしスキルアップを目指している方など、人によってCCNAの資格を取得するには理由は様々にあると思います。

 

先にも話している通り、CCNAはネットワークエンジニアとして技術を磨きスキルアップしていくために、最初に取得しておくべき資格と言えます。

 

今後のキャリアを考えれば取得しておいた方が良いとわかっていても、現実問題として「専門用語が多くて独学は難しそう…」や「スクールで教えて欲しいけど費用が高くて厳しい」、「教えて欲しいけど家で学びたい」などの理由で、CCNAの資格取得を躊躇している方もいるのではないでしょうか?

 

▼ そんな方におすすめのオンライン講座の詳細については、以下のバナーリンクから。

[myphp file='mag-inner-banner']

 

初めて学ぶ方のために各章ずつに解説動画を使用し、さらに章末でテストを行い理解度のチェックをして、着実に知識を深めていける構成で学べるようになっていて、経験のある・ないを問わず、活用いただけるCCNA対策講座です。

 

すべての教材は、ネットワークエンジニアとして実績のある現役講師の監修によって開発・提供しているものとなるため、基本的な知識だけではなく実践的な知識も得らながら資格対策ができますので、是非お試しください。