はじめに

今回はVBAという言語はどこに書いてどこに保存しているのか、わかりやすくまとめました!

 

VBAの概要や必要な初期設定は前回の記事をお読みください。

VBAってどう使うの?
実行前にやることがあるのか…

便利な「マクロの記録」

「マクロの記録」ボタンを押してから操作した内容をVBAのコードとして記録する機能です。

 

 

このようにオブジェクトの操作だけなら、この機能を使ってある程度の自動化ができます!

VBA知らなくてもそれっぽいコードがかけちゃうのね!

しかし、実際にマクロの記録から作成されたVBAコードはそのままでは使いません。
ある操作をマクロVBAで書きたい、でも書き方が解らない!
こういった時にどのようなコードが必要か調べるために使います。

VBAを書く準備

で、どこにかくの?

はい、VBAを書くための紙に相当する編集画面(Visual Basic Editor、略してVBE)を出さないといけません。

 

リボンの「開発」→「Visual Basic」
またはショートカットを使い、Alt + F11 で一発ラクチンッ!

VBE起動

 

 

VBE起動!!

VBE

左に表示されている部分は、上がプロジェクトウインドウと下がプロパティウィンドウと言います。
この画面にもまだコードを書く場所はありません! 書く場所は一般的に標準モジュールと言いわざわざ挿入しないといけません。めんどくさいですね!!

 

標準モジュールを挿入します。
メニューの「挿入」→「標準モジュール」
標準モジュール

 

プロジェクトウィンドウ内を右クリック→挿入でも可能

 

標準モジュールの挿入

VBE画面モジュール
プロジェクトウィンドウ内に「標準モジュール」という箱とその配下に「Module1」が追加されます。
VBAのコードはこの右側のスペース「Module1」の中に記入します。

 

モジュールの削除

挿入したモジュールが不要になって削除したい時、削除という項目はなく「解放」を使います。
「Module1」を右クリック→「Module1の解放」

モジュール解放ポップ
「いいえ」を選択すると「Module1」が消えます。
「はい」にするとテキストとして保存されます。

 

モジュール

ところで、もじゅーるってなんだ…?

モジュールとは、機能単位、交換可能な構成部分という意味の英単語。システムの一部を構成するひとまとまりの機能を持った部品で、システムや他の部品へのインターフェースの仕様が規格化・標準化されていて、容易に追加や交換ができるようなもののことを意味する。

IT用語辞典 モジュールより引用 

Excel VBAではコードを書くための場所のことを言います。モジュールの中でVBAを書いてマクロを作ります。
「モジュールという大きな箱の中にVBAを書き、マクロを作っていく」とだけ知っておけばヨシです。

 

◯標準モジュール

シート追加、セルの値変更、ボタンクリック等の処理を作りたいときに使う。
Excelの操作であればほとんど標準モジュールで作ることが可能。

 

他にもモジュールには種類があるのですが、難しいし使わないのでこの記事では割愛しますね。

 

VBEのモジュールに書いていくということがわかったのでヨシ!!!

 

次回は作ったモジュールにコードを書き込み…
ついに実行です!

 

「VBA超入門シリーズ:その2 ~いざ実行~」に続く