はじめに

VBAとはなんだ、、、というレベルからの学習です。
VBAを使うための前提知識や基本的なことからまとめていきます。

Excel VBA

VBAは「Visual Basic for Application」の略で、ExcelやAccessなどMicrosoft Officeの各アプリケーションの処理を自動化するためのプログラミング言語。
Excelにある「マクロ機能」の中身が、プログラミング言語である「VBA」で記述されているということ・・

VBAを活用すれば何ができるようになるのか、、
・手作業が大変なので、自動処理させる。
・テンプレを使いメールを送信させる。
・別ファイルからデータの抽出、出力。
・テトリスやインベーダーゲームを作る。
・パズル(数独)を解く
など便利ですが、今回は(超)入門の学習なのでひとまず後回しです。

便利な「マクロの記録」

Excelの機能の一つ「マクロの記録」について
「マクロの記録」ボタンを押してから操作した内容がVBAのコードとして記録され、その記録した操作を自動的に再現するといった機能。
オブジェクトに対する操作だけならVBAを知らなくてもこの機能を使うことで自動化が可能です。しかし実際には、マクロの記録から作成されたマクロVBAコードを修正して使う事はせず、、
ある操作をマクロVBAで書きたい時に、書き方が解らない、、、
こういう時に、それを調べるといった使い方が主になります。
(使ったことない機能。。これVBAで書かれるんですよ。。。)

VBAを書く準備

さてVBAを書いていこうと思いますが、、どこに書いていくの?からです

普通のExcelではVBAを書けるようになっていないのでまずそちらの準備をします。

 
↑別記事にてまとめているのでここでは割愛します。

さて、VBAを書くための紙に相当する編集画面(Visual Basic Editor、略してVBE)を出します。
リボンの「開発」→「Visual Basic」
どのバージョンでも、ショートカットは、Alt + F11 です。

VBE起動

VBEが起動します。

VBE

左に表示されている部分は、プロジェクトウインドウと言います。
まだここにはVBAを描く場所はありません。VBAを書く場所は標準モジュールと言います。
標準モジュールを挿入します。
メニューの「挿入」→「標準モジュール」
標準モジュール

プロジェクト内を右クリック→挿入でも可能

標準モジュールの挿入

VBE画面モジュール
左側に、「標準モジュール」が、その下に、「Module1」が追加されます。
VBAはこの右側のスペースに記入します。

挿入したモジュールが不要になって削除したい時、削除というのは無く「解放」を使います。
「Module1」を右クリック→「Module1の解放」

モジュール解放ポップ
「いいえ」を選択すると「Module1」が消えます。
「はい」にするとテキストとして保存されます。

モジュール

(モジュールの追加や削除はわかったけど、「もじゅーる」ってなに??)

モジュールとは、機能単位、交換可能な構成部分という意味の英単語。システムの一部を構成するひとまとまりの機能を持った部品で、システムや他の部品へのインターフェースの仕様が規格化・標準化されていて、容易に追加や交換ができるようなもののことを意味する。

IT用語辞典 モジュールより引用 

Excel VBAではコードを書くための場所のこと。モジュールの中でVBAを書き、マクロを作ります。
「モジュールという大きな箱の中にVBAを書き、マクロを作っていく」

◯標準モジュール

標準モジュールは、自分で処理を作るとき作成するモジュールのこと。
シート追加、セルの値変更、ボタンクリック等の処理を作りたいときに使う。
Excelの操作であればほとんど標準モジュールで作ることが可能。

 

他にもモジュールには種類があるが入門では難しい且つ使わなかったので割愛します。

 

「VBA超入門シリーズ:その2 ~いざ実行~」に続く