VBA超入門シリーズ:その6 ~変数の型~

前回は変数とちょっと難しいとこでしたが、まだまだ入門は続きます…

 

今更ですが、演算子いきましょう。
難しくないのでサクッと書いていきます。

算術演算子

普通の足し算引き算のことです。

演算子 説明
足し算
–  引き算
掛け算
割り算
割り算の商
Mod  割り算の余り
べき乗

 

説明不要ですね。
使う記号だけ注意して覚えましょう。

比較演算子

演算子 説明
< 右辺より小さい
<= 右辺以下
> 右辺より大きい
>= 右辺以上
= 等しい
<> 等しくない

 

<>など連なるものは順番に気を付けましょう。割と重要です。
主に条件判定や繰り返し処理の中で使用します。

処理中に無理やり使うことも可能です、結果が「False」「True」で表示されます。

 

 

Sub keisann()
  Range(“A1”) = 100 < 200
End Sub

 

 

論理演算

演算子 説明
and 論理積
or 論理和
Not 否定論理

詳しい説明は割愛します。

記述方法は以下の通り

(条件式1) And (条件式2)
(条件式1) Or (条件式2)
Not (条件式1)

 

意味は見たままになります。
“and” は両辺どちらも(条件式1と条件式2)、”or” は両辺どちらか(1か2)、”Not” はそのまま否定(1以外)といった認識で大丈夫です。
結果は「False」「True」で表示されます。

おしまい

高校数学レベルの簡単なところですね、深掘りする必要もなのでこのへんで切り上げましょう。

次回はVBA超入門シリーズ:その6 ~変数の型~のオブジェクト型について詳しく紹介します。

「VBA超入門シリーズ:その8 ~変数の型・オブジェクト型~」に続く