サーバ ネットワーク

IT略語集

はじめに

ITならではの専門用語に限らず、業務でよく聞く略語について例文付きで解説します。

略語集

パフォテ

パフォーマンステスト(performance test)の略。

 

性能試験や負荷試験と呼ぶこともある。
システムのデータ処理速度や一度に処理可能なデータ量がユーザー利用に即した仕様になっているかを確認するテスト。

 

例文:「今回のアップグレードではパフォテやりますか?」

 

ビラブル

Billableのこと。

 

意味としてはbillable hourの略として使われている。
顧客に請求できる稼働時間のこと。
請求できない時間はノンビラ(non-billable)という。

 

例文:「この作業はビラブルです。」

 

メリデメ

メリット/デメリットの略。

 

良い点と悪い点のこと。

 

例文:「この方法で実装した場合のメリデメを洗い出しておいて。」

 

リスケ

リスケジュール(reschedule)の略。

 

会議や作業が何らかの理由によって予定していた日時に行えず、改めて日程調整すること。

 

例文:「移動中に電車の遅延が発生したので、10時からの打ち合わせはリスケでお願いします。」

 

fitgap

Fit&Gapの略。

 

システムやサービスについて、要求に合っている部分とズレている部分を分析すること。

 

例文:「このサービスで実装できるかfitgapを整理しておいてください。」

 

GW

ゲートウェイ(GateWay)の略。

 

派生語として、インターネットゲートウェイ(IGW)やデフォルトゲートウェイ:デフォゲ(DGW)がある。

 

例文:「ゲートウェイにpingが通らない。」

 

RFP

提案依頼書(Request For Proposal)の略。

 

システム導入時に発注先候補の事業者に具体的な提案を依頼する文書。
目的や背景、目標やスケジュールなどが記載されている。

 

例文:「そちらはRFPに記載してあります。」

 

人月(にんげつ)・人日(にんにち)

略語ではないが、よく業界で使われる用語。

 

作業量を表現する単位として使用される。
案件見積りでよく登場する。
例えば、作業量が10人月だとすると以下のような意味となる。
 ①1人で作業した場合、10カ月かかる。
 ②2人で作業した場合、5カ月かかる。

 

例文:「単価50万円/月 × 3人月 = 300万円」

 

イケてない

略語ではないが、よく業界で使われる用語。

 

機能は充足していて正常に運用できるものの、実装やデザイン設計がよくない様を表す。
サービスだけでなく、設計書や構成図などの資料を対象に使われる場合もある。

 

例文:「バグではないが、イケてない。」

 

ボール

略語ではないが、よく業界で使われる用語。

 

その件について、次に起こすべきアクションのこと。
様々な部署や企業と連携するような、複数人数登場人物がいる場合に使用されがち。

 

例文:「この件止まってるけど、今誰がボール持ってる?」

 

WBS

作業分解図(Work Breakdown Structure)の略。

 

Work:「作業」
Breakdown:「分解」
Structure:「構造」
プロジェクト実行すべき作業を細分化し、階層的に表現した構成図のこと。
作業の抜け漏れがないかや、作業内容を明確化することで必要コストや人員を割り出すことに使用される。
スケージュール管理のツールとしても使用される。

 

例文:「作業内容はWBSに目を通して確認しておいてください。」

 

プロパー

プロパー社員の略。

 

元請けの社員さんを表す。
IT業界では、外部スタッフと自社の社員を区別する際によく使用される。

 

例文:「この作業はプロパーさんの立ち合いが必須。」

 

サマる

サマるは、サマリー(summary)と~するという言葉を合わせて生まれた言葉。

 

summaryは要約や要旨などの意味を持つ。
相手に簡潔に伝える際に「サマると」と使うことで「簡単にまとめる」
という意味になる。

 

例文:「昨日の打ち合わせの内容をサマるように頼まれた。」

 

フィックス

略語ではないが、よく業界で使われる用語。

 

「修正する」という意味。

 

例文:「書類の確認をしてフィックス版が出来上がる。」

 

アサイン

略語ではないが、よく業界で使われる用語。

 

「任命する」、「選任する」という意味。

 

例文:「私は新しいプロジェクトにアサインされた。」

 

リモデ

リモートデスクトップの略。

 

リモートデスクトップとは手元のコンピュータからネットワークで
接続された他のコンピューターのGUIやデスクトップ環境を操作する技術の総称。

 

例文:「端末にリモデしといて。」

 

リソース

略語ではないが、よく業界で使われる用語。

 

「資源」という意味。

メモリやCPUの機械的なものから人やお金等の人間的なものまで
何かを実現するために必要な要素を「リソース」という。

 

例文:「リソース不足で納期に間に合いません。」

 

握る(にぎる)

略語ではないが、よく業界で使われる用語。

 

(お客様から)合意を得ること。

 

例文:「この作業、日程握ってます?」

 

原局(げんきょく)・原課(げんか)

略語ではないが、官公庁系で使われる用語。

 

案件を担当している依頼元の局や課を指す。
「官公庁 組織図」で画像検索するとイメージが掴みやすいです。

 

例文:「この依頼、原課に電話で確認してもらっていいですか?」

 

タクチケ

タクシーチケットの略。

 

タクシーの乗車料金を精算できるチケット。あまり使いたくはない。

 

例文:「終電過ぎに終わりそうなら、タクチケ使ってね。」

 

ログスト

Logstorage(総合ログ管理システム)の略。

 

あらゆる箇所のログの自動収集と一元管理ができる製品。

 

例文:「このアカウント、ロックアウトされているかログストで確認してもらえますか?」

 

りもたん

リモートワーク用端末の略。

 

出張や東京オリンピックを想定してキッティングされたが、最近はコロナ関連で引き合いが多い。

 

例文:「りもたんの貸出依頼が来ているので、準備しておきますね。」

 

デフォ

デフォルトの略。

 

初めから備わっている初期設定などを指す。

 

例文:「この機種、デフォでIPアドレス振られてます。」

 

バッファ

略語ではないが、業界で使われる用語。

 

本来はコンピュータ用語として、一時記憶領域(buffer)のことを指すが、余力のことを表現する場合がある。

 

例文:「頼みたいことあるんだけど、今週バッファある?」

 

エスカレ

エスカレーションの略。

 

上司等への報告や、指示を仰ぐこと。CS(カスタマーサポート)ではよく登場する。

 

例文:「この問い合わせ、二次窓口にエスカレしておいてください。」

 

インスコ・アンスコ

インストール・アンインストールの略。

 

「タイプミスでインスコールになった」、「インストールコマンドの略」と由来が2説あり、どちらが本当なのか知る者はいない。

 

例文:「このアプリは、アンスコしてからインスコしないと上手くいかないです。」

 

なるはや

なるべく早くの略。

 

期日が決まっていないことが多く、とにかく早く解決しないといけないときに使われ、緊急であることが多い。

 

例文:「先ほどの事象の解決、なるはやでお願いします。」

 

デグレ

デグレードの略。

 

開発現場でよく登場するが、それ以外ではデータ更新の際に以前の状態に戻ってしまうことを意味する。
複数人で同時作業して、最新ファイルに気づかずに別の人が以前のファイルに上書きしてしまうなど、様々な理由が原因で発生する。

 

例文:「資料がデグレしているので、最新情報を反映してください。」

 

コンパネ

コントロールパネルの略。

 

コンピューターOSのシステム設定メニューで、機器やソフトウェアの設定を表示したり、操作するためのツールが集約されたメニュー。
MacOSは「システム環境設定」と呼称が違う。
コンパネという呼び方は、木材の方が圧倒的に有名。

 

例文:「コンパネ開いてください。」

 

エイヤ(えいや)

略語ではないが、業界で使われる用語。

 

だいたいという意味。掛け声ではない。

 

例文:「エイヤで設定したので、後々修正が必要だと思います。」

 

diff(ディフ)

略語ではないが、業界で使われる用語。

 

差分という意味。設定変更時に登場頻度が高い単語。

 

例文:「diff取っといて。」

 

 

ネゴる

ネゴるは、ネゴシエーション(negotiation)と~するという言葉を合わせて生まれた言葉。

 

negotiationは交渉や話し合いなどの意味を持つ。
ビジネスにおいては、相手との調整や意見のすり合わせるという意味で使われるが、ネットワークにおいては、送信側と受信側が通信を行うに当たって、速度・変調方式などの設定が一致していることを指す。

 

例文:「繋がらない?ちゃんと対向機器とネゴってる?」

 

 

舐める

略語ではないが、業界で使われる用語。

 

一個一個参照する、辿るという意味。データやファイルを参照するときに使用される単語。

 

例文:「頭から舐めといて。」