LinuC

LinuCを取得するなら試験も学習もオンラインがおすすめ!

サポート担当
サポート担当
IT資格のひとつとして、日本国内でも浸透してきたLinuC(リナック)があります。

 

LinuCとは、サーバーを構築するOS「Linux」の専門知識やスキルを証明できる資格で、サーバーの構築や運用・保守といったサーバーエンジニアに必要なスキルを身につけられるのが特徴です。

 

LinuCについて基本情報から詳しく知りたいという方は、「LinuCとは?資格内容や試験について解説!」を参考にしてください。

 

さて、そんなLinuCですが、オンラインでの受験や学習が可能となっています。

 

ここではLinuCをオンラインで受験する方法をはじめ、オンライン学習を行う際のポイントをまとめました。

 

LinuCの試験はオンラインでも受けられる

LinuCは試験センターだけでなく、自宅や職場でも受験できます。

 

LinuCにはレベル1から3までの難易度レベルがありますが、どのレベルであってもオンライン受験が可能です。

 

これにより地方・遠方在住の方であっても自由に試験へ挑戦が可能になりになり、移動や交通費の負担も軽減できます。

 

加えて近年は、新型コロナウイルスの影響も無視できない状況ですよね。オンラインで受験することで、感染拡大の予防対策にもなります。

 

受験方法も簡単。受験予約の際に、試験の場所を「自宅または職場」と指定して手続きを行うだけです。

 

なお、LinuCのオンライン試験を受ける際は、事前に所持しているPCのスペックチェックをする必要があります。

 

所定のチェックツールが用意されているのでそれを活用し、予約前の要件チェックを行いましょう。

 

LinuCのオンライン試験に必要なもの

ここでは、オンライン試験を受けるのに必要なものや準備をまとめてピックアップしました。

 

必要なもの

  • 要件を満たすPC(専用のチェックツールを使って確認しましょう)
  • 本人確認書類(運転免許証やパスポート等の原本。コピー不可)
  • Webカメラ(本人確認・試験中の様子の確認に必要です)
  • 安定したネット環境(有線ネットワーク環境が理想的です)
  • 受験に適した静かな個室

 

必要な準備

  • チェックツールによるPCのスペック・要件チェック
  • 受験予約手続きおよび受験チケットの確保
  • 受験スペースの確保・整理整頓

 

オンライン試験の申し込み方法と受験チケットの購入手順

オンライン試験の申し込み方法と、受験チケットの購入手順をまとめました。

 

EDUCO-IDとピアソンVUEアカウントの取得の流れ

初めてLinuCを受験する際は、新規にEDUCO-IDとピアソンVUEのアカウントが必要となります。

 

ピアソンVUE のアカウントを作成する際にEDUCO-IDが必要になりますので、EDUCO-IDは先に取得してください。

 

その後、ピアソンVUEのアカウント作成ページでEDUCO-IDと個人情報を入力することで、ピアソンVUEのアカウントが取得できます。

 

試験場所の選択時には、「自宅または職場」のオプションを指定すればOKです。

 

受験チケットの購入および試験予約の方法

購入方法 受験チケットを先に購入(試験日の予約は後日) 受験チケットの購入と試験日の予約をまとめて行う
決済方法 振込決済/カード決済/コンビニ決済 カード決済のみ
申し込み場所 LinuC受験チケットストア ピアソンVUE公式ページより一括申し込み可能
注意事項 受験チケットの有効期限は発行日から1年間 試験予約の変更・キャンセルの期限あり

 

受験チケットを購入し、試験日の予約を行います。

 

受験チケットを先に購入するケースと、受験チケットの購入と試験日の予約をまとめて行うケースの2パターンがあるため、都合の合う方法を選びましょう。

 

受験チケットは専用のチケットストア(LinuC受験チケットストア)で購入できます。

 

受験チケットを先に確保する場合、支払い方法は振込決済のほかクレジットカード決済、コンビニ決済が可能です。

 

受験チケット購入と試験日予約をまとめて行う場合は、ピアソンVUEの公式ページからまとめて手続きを完了できます。

 

ただし、支払いはクレジットカード決済のみとなっているため注意しましょう。

 

なお、受験チケットの有効期限は発行日から1年間となっているため、受験日の予約もチケット発行から1年以内の日に設定すれば大丈夫です。

 

オンライン受験をする際の注意点

とても便利なLinuCのオンライン受験ですが、いくつか注意すべき点があります。ここでは、オンライン受験の注意点について2つ取り上げます。

 

勉強のスケジューリングと試験日を決定する際の参考資料

難易度 LinuCレベル1 LinuCレベル2 LinuCレベル3
勉強時間の目安(未経験者の場合) 1~3ヶ月 3~6ヶ月 6ヶ月~1年

 

LinuCの受験チケットの有効期限は発行から1年以内です。

 

試験日はその期間内の日に設定すればOKですが、試験勉強時間の兼ね合いを考えて設定することが大切です。

 

例えばLinuCレベル1の難易度であれば1~3ヶ月ほど、レベル2であれば3~6ヶ月、レベル3であれば6ヶ月~1年程度が必要な勉強時間の目安だとされています(未経験・初心者の場合)。

 

理解度を深め万全の状態で試験に挑めるよう、勉強時間と試験日の兼ね合いはしっかりと考慮しましょう。

 

試験当日に持込できないアイテムも

試験当日は、予約時間の30分前からチェックイン手続きが可能です。

 

時間に余裕を持ってチェックインを行い、試験に備えましょう。

 

デスク周辺や受験スペースには、スマートフォンやタブレット、腕時計などのアイテムが持ち込みできません。

 

そのほかにも受験スペースへの持ち込みが禁じられているアイテムが複数あるため、事前にしっかり確認しておきましょう。

持ち込み不可のアイテム一覧
電子機器類 ファッション小物 その他
  • 携帯電話、スマートフォン
  • タブレットPCやPDAなどの電子機器
  • ポケットベル
  • 腕時計
  • 財布やコインケース
  • 帽子(宗教上の理由によらない被り物など)
  • バッグ
  • コートやジャケットなどの上着
  • メガネケース
  • 幅が0.5㎝を超えるバレッタやヘアクリップ
  • 幅が1㎝を超えるヘッドバンドやヘアバンド
  • 取り外すことのできる、幅が0.5㎝を超える宝飾類(ピアスやネックレス)
  • 銃火器や刃物などの危険物
  • 書籍およびノート(試験プログラムから許可されていれば可)

参照:ピアソンVUE

 

LinuCの試験勉強もオンラインがおすすめ

LinuCの勉強方法は、問題集を使って問題を解いたり、学習動画を参考にして勉強したりなど、様々な選択肢があります。

 

その中でも特におすすめなのがオンライン(eラーニング)で学習する方法です。

 

オンライン学習であれば問題集や参考書をそろえる手間がなく、PCと安定したネット環境があればすぐに学習をスタートできます。

 

しかし、LinuCのオンライン学習システムのサービスはいくつかあり、その使い方や内容は各サービスによって微妙に異なります。

 

システムを選ぶポイントとしては、初期費用や月額料金などの費用面、受講画面や管理画面の操作性(UIが優れているか)、学習コンテンツは充実しているか、などに注目しましょう。

 

そしてこれらのポイントの中でLinuCのeラーニングを選ぶ際に特に重視したいのが、「学習コンテンツの充実度」だと言えます。つまり「解説がわかりやすいか」、「習熟度のチェックがしやすいか」、「レベルに応じた学習が可能か」といった点です。

 

例えば、LinuCをはじめとするIT資格の対策講座を格安で提供する「TECHHUB」のe-ラーニングサービス「では、初心者・未経験の方でも着実にステップアップできるよう、基礎から学べる解説動画が用意されています。

 

解説動画は章立てされており、章の終わりには章末テストで理解度を測れるのが特徴で、最終的な「理解度テスト」では、解説動画・章末テストを通した全体的な知識の定着率を確認できます。

 

加えて、同講座で使用される教材は確かな知識と実績のある現役講師の監修によって提供されていますので、基礎知識だけでなく、より応用的・実践的な知識も十分に深めることができるのです。

 

学習者が学びやすく、そして学んだことを習得しやすい構成になっているところが、利用者から評価されていますので、LinuCのeラーニングに興味を持たれたら、TECHHUBの講座をぜひご検討ください。

 

オンライン学習のメリット・デメリット

オンライン学習のメリットは、なんといっても「いつでもどこでも学習できる」という点にあります。

 

これにより、ネット環境があれば、首都圏はもちろん遠方・地方在住でも、カフェやコワーキングスペースでも、電車での通勤時間内でも、受講可能です。

 

オンラインで完結するため、感染症予防対策の点でも有用です。

 

加えて、講師や授業のペースに習熟度が左右されないのもポイントです。

 

自身のペースや理解度に合わせて学習でき、「授業の進みについていけない」ということがありません。

 

苦手なところや理解不足なところは、何度もレッスンを見直して繰り返し自分のペースで復習できます。

 

一方、デメリットとしてあげられるのが、モチベーションの維持が難しい点です。自身のペースで学習できることが裏目に出てしまい、一度モチベーションが下がると学習の継続も難しくなる可能性があります。

 

また、ネット環境によっては音声や動画が途切れてしまい、学習に支障が出ることも考えられます。

 

スケジュールを上手に組み、学習を習慣づけ、モチベーションが下がらないよう適宜ブレイクを入れつつ、目標を達成する強いマインドを持つことが大切です。

 

LinuCの取得なら「TECHHUB」のオンライン対策講座がオススメ!

サーバエンジニアを目指している方、知識や技術を増やしスキルアップを目指している方など、人によってLinuCの資格を取得するには理由は様々にあると思います。

 

先にも話している通り、LinuCはエンジニアとして技術を磨きスキルアップしていくために、最初に取得しておくべき資格と言えます。

 

今後のキャリアを考えれば取得しておいた方が良いとわかっていても、現実問題として「専門用語が多くて独学は難しそう…」や「スクールで教えて欲しいけど費用が高くて厳しい」、「教えて欲しいけど家で学びたい」などの理由で、LinuCの資格取得を躊躇している方もいるのではないでしょうか?

 

▼ そんな方におすすめのオンライン講座の詳細については、以下のバナーリンクから。

[myphp file='mag-inner-banner']

 

初めて学ぶ方のために各章ずつに解説動画を使用し、さらに章末でテストを行い理解度のチェックをして、着実に知識を深めていける構成で学べるようになっていて、経験のある・ないを問わず、活用いただけるLinuC対策講座です。

 

すべての教材は、サーバエンジニアとして実績のある現役講師の監修によって開発・提供しているものとなるため、基本的な知識だけではなく実践的な知識も得らながら資格対策ができますので、是非お試しください。