LinuC(リナック)とは、Linux(リナックス)に関する専門知識を有する者であることを認定する資格のひとつです。

 

そんなLinuCの合格に向けて「どのように勉強すればいいのか?」、「未経験者・初心者でも取得できるのか?」など疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

ここでは、LinuCの勉強方法について解説していますので、ぜひ役立ててください。

 

LinuCについて基本情報から詳しく知りたいという方は、「LinuCとは?資格内容や試験について解説!」を参考にしてください。

 

LinuCは未経験者でも合格できる?

LinuCは、未経験者・初心者であっても十分な試験勉強ができれば合格可能な資格です。

 

しかもエンジニアの募集を行っている会社の中には、LinuCやLPICを取得していれば、就職・転職時に有利になるところもあります。

 

そのため、未経験からインフラエンジニアとして就職を目指している人に特にオススメの資格なのです。

 

LinuCの勉強方法とは?

LinuCには、レベル1~3までの資格がありますが、基本的な勉強方法に大きな差はありません。

 

どのレベルであっても、試験範囲を確認した上で相応の知識を身に付けつつ、わからない問題や苦手な問題を繰り返し勉強しながら理解を深めていきましょう。

 

初心者であればLinuxそのものの特性を最初に把握してから問題集を解いて理解力を試すという流れで進めるのがオススメです。

 

次に「独学」、「スクール」、「オンライン学習」の勉強方法を解説しますので、自分にあった方法を見つけましょう。

 

独学でLinuCを勉強する方法

LinuCの試験勉強を独学で行う場合、参考書や問題集に目を通しながら、Linuxの基礎知識が身につく学習サイトやweb問題集を解いて対策を進めることが可能です。

 

また、Linuxの理解を深めるためには、実際に手を動かすのが一番ではあるため、実際に自分のPCにLinuxをインストールしたり、仮想マシンを使ってみたりしてLinuxに触れることをオススメします。

 

独学で勉強するメリットは、金銭的なコストが最小限に抑えられることです。

 

一方で独学のデメリットとしては、自力で勉強時間を確保し、モチベーションを維持しなければならないという点なので、独学を進める場合は「なぜLinuCの取得を目指すのか」という自分なりの目標を明確にしておく必要があります。

 

その点から、独学が向いている人は「コストを抑えて勉強をしたい方」や「インフラ・プログラミングの知識を有する方」です。

 

スクールでLinuCを勉強する方法

LinuCを学べるスクールは全国に多数あり、スクールでは、講義を受けることでLinuxに関する知識を効率よく学べます。

 

特にLinuCの資格対策カリキュラムがあるスクールで受講すれば、試験に特化した学習を進められるのでオススメです。

 

しかしスクールの場合、独学に比べると費用が高くなりますし、決まった時間を確保する必要があるというデメリットがあるので、「どこから勉強していいかわからない…」という方や「独学では勉強が進まない」、「わからないところを質問したい」という方にスクールが向いています。

 

初めてLinuxについて勉強する人の場合、そもそも何から学べばよいのかわからない人も多いため、独学だと遠回りをしがちです。

 

その点、スクールでは、カリキュラムに沿って講師に教えてもらいながら効率的に学習できますし、講師に不明点を聞きつつ、ゼロからLinuxの知識を深めることができるので、学生の方や別業界で働いている方は自分に合ったスクールがないか探してみましょう。

 

オンライン学習(eラーニング)でLinuCを勉強する方法

勉強時間や場所を自由に選べる「独学」と、知識を体系的に学べる「スクール」との良いところを取った学習スタイルがオンライン学習(eラーニング)です。

 

オンライン学習なら、自宅で講義を受けられる上に、全員が同じ学習教材・講義動画を用いるため、スクールでありがちな講師の質に左右される心配もありません。

 

「試験について詳しく動画で学びたい」、「スクールに通う余裕がない」などという方にはスクールよりコストが抑えられて、なおかつ効率的に勉強できるオンライン学習(eラーニング)がオススメです。

 

ちなみに「techhub」では、解説動画の講座とテストをひとつにした、質の高いeラーニングシステムを提供しています。

 

未経験者・初心者の方でもLinuxの世界に足を踏み入れやすいよう、動画を通してLinuxの基本概念を学ぶことが可能です。

 

さらに、定期的なテストを行い、自分自身の理解度の確認ができるので確実にステップアップしていることを実感できます。

 

techhubでは、「LinuC Level1 101/102 対策講座+問題集」の無料トライアル期間もありますので、この機会にぜひ体験してみてください!

 

合格に向けた勉強方法の3つのポイント

ポイント①:合格に必要な勉強時間を知ろう!

LinuC レベル1の試験に臨むにあたり、未経験者や初心者であれば1~3ヶ月ほどの勉強時間が必要とされています。

 

ちなみに、レベル2なら3~6ヶ月、レベル3なら1年ほどが、合格に必要な勉強期間の目安です。

 

LinuC レベル1であれば、知識を詰め込んで暗記でクリアできる人もいるかもしれませんが、資格取得をゴールとするのではなく、「就職・転職の武器にする」「仕事で活かす」といった点をゴールにすることで、勉強したことが後々の実務で役に立ってくれるはずです。

 

勉強のモチベーションを維持するためにも、「LinuCの勉強で得た知識をどのように役立てるか」という視点で目標を立てることをオススメします。

 

ポイント②:まずは全体像を把握しよう!

Linuxの全体像を最初に把握するところから始めると、その後の学習がスムーズに進みます。

 

Linuxの特性を理解しないままLinuCの試験範囲を眺めてみても、分厚いテキストを前に心が折れてしまうでしょうし、テキストを読んでみても単語の意味がわからず、「難しい…」と感じて挫折しかねません。

 

だからこそ、まずはテキストや講義でざっくりとLinux全体を把握するところから始めて、段階を踏んで知識を深めていくことをオススメします。

 

ポイント③:コマンド操作に慣れておこう!

Linuxを触ったことのない方であれば、試験勉強の一環としてコマンド操作に慣れておくことをオススメします。

 

コマンド操作とは、キーボードだけを使ってPCを操作することです。Linuxの操作にはマウスも使えますが、LinuCの資格試験ではコマンド入力をする問題も出てくるので、コマンド操作に慣れておくと良いでしょう。

 

ちなみに、コマンド操作を問われるのは「101試験」が多いので、「101試験」の対策をする方は特にコマンド操作に慣れておくことが大切です。

 

また、コマンドの付随機能を呼び出すコマンドオプションも問題として出されるケースもあるので、大まかなコマンド操作は試験勉強中に押さえておくと資格取得にも有利になります。

 

LinuCの取得なら「techhub」のオンライン対策講座がオススメ!

サーバエンジニアを目指している方、知識や技術を増やしスキルアップを目指している方など、人によってLinuCの資格を取得するには理由は様々にあると思います。

 

先にも話している通り、LinuCはエンジニアとして技術を磨きスキルアップしていくために、最初に取得しておくべき資格と言えます。

 

今後のキャリアを考えれば取得しておいた方が良いとわかっていても、現実問題として「専門用語が多くて独学は難しそう…」や「スクールで教えて欲しいけど費用が高くて厳しい」、「教えて欲しいけど家で学びたい」などの理由で、LinuCの資格取得を躊躇している方もいるのではないでしょうか?

 

▼ そんな方におすすめのオンライン講座の詳細については、以下のバナーリンクから。

 

初めて学ぶ方のために各章ずつに解説動画を使用し、さらに章末でテストを行い理解度のチェックをして、着実に知識を深めていける構成で学べるようになっていて、経験のある・ないを問わず、活用いただけるLinuC対策講座です。

 

すべての教材は、サーバエンジニアとして実績のある現役講師の監修によって開発・提供しているものとなるため、基本的な知識だけではなく実践的な知識も得らながら資格対策ができますので、是非お試しください。