LPIC

LPICに合格したい!そんな方にレベル別のおすすめ参考書をご紹介

サポート担当
今、さまざまな業界でエンジニア不足が問題になっています。

そのため各所での需要が高く、転職も比較的臆することなくできるイメージのエンジニアに憧れる人も多いのではないでしょうか。

エンジニアは資格職業ではありませんが、その能力を可視化できる資格を持っておくことは、一定の知識を持っている証明になりエンジニアという仕事をするうえで有利に働くでしょう。

今回は、サーバーやスーパーコンピューターなどのシステムに使用されるLinuxに関する資格、LPICについて、その試験概要や難易度、おすすめの参考書などを紹介します。

 

LPICとは?資格の概要や試験の種類について

LPICとは?

LPICとは正式名称を「Linux技術者認定試験」といい、Linuxの操作技術や知識をどれだけ持っているかを判定する資格です。

Linuxは、MacやWindowsなどと同じOSの一種です。

当初はパソコン用のOSでしたが、現在はサーバーやスーパーコンピューターなどのさまざまなシステムに使用されています。

Linuxに関する資格はLPICのほか、LinuCというものがありますが、このLinuCもLinuxに関する知識や技術レベルを測る資格です。

LPICとLinuCの違いはズバリ、国際的な資格か、国内に特化した資格か、という部分になります。

LinuCが日本市場に特化した資格であるのに対し、LPICは世界基準の資格なのです。

LPICは2016年12月時点で、世界で53万人以上が受験、18万人以上が認定を受けています。

公正なLinuxスキルの判断基準として認められており、200ヵ国以上の技術者が受験しているほか、日本人エンジニアの受験者も多数います。

日本では、カナダ本部があるNPO法人の日本支部、LPI -JapanがこのLPICを運営しています。

 

LPICを取得するメリットは?

LPICを取得することで、Linuxに関する知識や技術レベルが可視化されます。

どの程度の技術を持っているか? ということが外側からわかりやすくなるため、就職活動や転職活動の際に有利に働いてくれることも多いでしょう。

LPIによると日本企業の約7割でLinuxが導入されており、インターネットサーバーの50%以上がLinuxと、Linuxのシェア率の高さがうかがえます。

そのため、Linuxを扱えることは、エンジニアとして働く上で大きなアドバンテージとなると言えます。

しかしLPICを取得することのメリットはそれだけではありません。

試験対策の勉強を通じて、Linuxを扱うにおいてどの程度の知識や技術が必要か?という部分が自分自身でもわかりやすくなり、その上でその知識や技術が身につくことも大きなメリットです。

LPICの試験対策勉強は、実際にパソコンなどを使ってコマンド入力をして……という実践的に手を動かす勉強も多くこなさなければなりません。

机上の勉強だけで受かるものではない、という試験の特徴が、実践に役立てる一因になってくれているのです。

 

試験は難易度別に3種類

LPICには難易度別に、下記の3つの試験があります。

  • LPIC-1
  • LPIC-2
  • LPIC-3

それぞれの概要について、解説していきます。

 

LPIC試験の種類:LPIC-1

まずは一番難易度の低いLPIC-1です。

このLPIC-1の資格を取得するには101試験、102試験という2つの試験に合格する必要があります。

同時に受験して合格することは取得の必須条件ではなく、5年以内に2つの試験に合格すれば、このLPIC-1の資格が認定されます。

LPIC-1を取得することで、実務で必要なLinuxの基本操作、システム管理が行えることの証明になります。

 

LPIC試験の種類:LPIC-2

LPIC-2は、Linuxのシステムデザイン、ネットワーク構築において、企画や導入、維持、トラブルシューティング、などができることを認定してくれる資格です。

実践が可能、と証明できるのはLPIC-2取得が最低限のラインです。実務で使える力を身につけるには、LPIC-2の取得が必須になります。

LPIC-2もLPIC-1と同じく201試験、202試験の2つがあり5年以内に両方に合格することが、LPIC-2取得の必須条件です。

LPIC-2の認定を受けるには、LPIC-1に合格して認定を受けていることが条件になります。

 

LPIC試験の種類:LPIC-3

LPICで最上位の試験がLPIC-3です。

LPIC-3には300試験、303試験、304試験の3つがあり、このいずれか1つに合格すればLPIC-3の認定を受けることができます。

しかしこれは1つ受かればLPIC-3の資格に対して包括的に認定されるというものではなく、それぞれの試験が設定している分野のエキスパートであるという認定がされます。

LPIC-3に関しても、認定条件としてLPIC-2に合格し認定されている必要があります。

また、以前は301試験、302試験というものもありましたが、こちらが2014年3月末をもって終了しています。

最も難易度の高いLPIC-3を取得しておくことは転職活動の際にも有利に働きます。より専門的な知識を身につけ、実務にも役立てることができるのです。

なお、LPICについては、記事「LPIC(エルピック)とは?資格や試験内容を解説!」で詳細をご説明しています。併せてご確認ください。

上位資格の認定には、その前段階にある資格の認定が必要になることから、まずは基礎段階であるLPIC-1の合格を目指すのが良いでしょう。

勉強を始めるには、基礎の基礎である環境構築をわかりやすくサポートしてくれる参考書等でまずは体系的に学習するのがおすすめです。

 

LPIC-1合格のためのおすすめ参考書

1週間でLPICの基礎が学べる本 第3版 徹底攻略シリーズ

LPICの取得を目指すなら、まずはこのテキストで基礎を学ぶのがおすすめです。

このテキストでは試験に関する情報を掲載している「資格」のパートと、実際の試験を想定した「試験にトライ!」という模擬試験を掲載したパートを配置しています。

実際の試験取得に向けて、「試験ではどのようなことが問われるのか」をしっかりと把握しながら勉強ができるのです。

また、Linuxの環境構築に戸惑う、つまずくという心配事を減らしてくれるのがこのテキストの魅力。

学習環境として利用できるCentOSの仮想マシンをダウンロードできるので、そのマシンで実際にコマンド操作をしながら勉強ができます。

またLPIC-1よりもさらに初心者向けの資格であるLinux Essentialsの試験範囲もカバーしてくれています。

 

イラストでそこそこわかる LPIC 1年生

これまでLinuxなんて触ったことがない! WindowsやMacしか使ったことがない! そんな人におすすめの1冊がこのテキストです。

とにかくイラストや実例を多く使い、「コマンドって何?」などの初歩の初歩の部分からわかりやすく丁寧に解説してくれています。

こちらのテキストも、環境構築でつまずかないよう、テキスト用の学習環境がダウンロードできるようになっています。

とにかくLinuxのことを何も知らない、という人に入門書として手に取って欲しい1冊です。

各章末に練習問題は数問ずつ掲載されており、どれも基礎の確認にちょうどいい難易度です。

資格試験を受けるかどうかはまだ検討中だけれどLinuxの知識が欲しい、仕事で必要になった、という人にもおすすめです。

 

Linux教科書 LPICレベル1(LPICバージョン5.0対応)

こちらのテキストはLPIの審査に合格した認定テキストになっています。LPIC-1の出題範囲を満遍なく学べる問題集です。

各問題のすぐ下に解説がついていて、短時間で効率よく勉強できるのが特徴です。

LPICの試験対策としてはもちろんですが、Linuxを勉強したい始めたいと漠然と感じている人にもおすすめです。

101試験、102試験それぞれの模擬試験がついており、最新試験にも対応しています。

 

LPIC-2合格のためのおすすめ参考書

Linux教科書 LPICレベル2(LPICバージョン4.5対応)

LPICの参考書は、最新試験に対応しているテキストを選びましょう。

LPIC-2の最新試験ではこれまでの出題範囲に新たな技術要素が多数追加されています。

このテキストは最新の範囲を網羅しており、豊富な用例をまじえてわかりやすく解説してくれています。

もちろん201試験、202試験の両方に対応しており、模擬試験も1回分掲載されているので、実践的に試験対策ができるのは嬉しいポイントです。

各章末に練習問題が豊富にあるので、問題を解くことに慣れることができます。

さらに合格率をあげたい、スコアを高くしたいという人は問題集と併用するのもおすすめです。

 

Linux教科書 LPICレベル2 スピードマスター問題集 Version4.5対応

LPIC-2を受験する人に特に評価が高いのはこちらの問題集です。

最新試験にも対応しており、Linux教育に定評のある専門家が徹底的に分析し丁寧に解説してくれています。

201試験、202試験のどちらにも対応しており、試験別、分野別に対策問題があるのも特徴。

分野別の問題があることで自分自身の苦手分野がわかりやすくなります。

各問に丁寧な解説がついているので、ほとんどこの1冊で合格できる、という人も。

しかしLPIC-1とは違って暗記だけではどうにもならないという問題が多いため、この1冊で勉強するにしてもしっかりと隅々まで理解するまでやり込むこと大切です。

こちらのテキストも、もちろんLPIの審査を通って認定されたテキストです。

 

LPIC-3合格のためのおすすめ参考書

徹底攻略 LPIC Level3 303 教科書+問題集 Version 2.0 対応

LPIC-3の303試験の最新試験に対応した教科書&問題集です。改訂版になり、より解説が詳しくなりました。

演習問題だけではなく、模擬問題をなんと2回分も収録されているのが嬉しいですね。

教科書と問題集が一緒になっていることで、苦手箇所の繰り返しの勉強が効率的に行えるため、受験の直前対策もこの1冊で可能です。

また、ネットでの演習問題や解説を併用するのもいいでしょう。

 

徹底攻略 LPIC Level3 304 教科書+問題集 Version 2.0 対応

こちらは先に紹介した教科書&参考書の304試験用です。

こちらも、最新試験に対応していて、詳細な解説がついているのが特徴です。

もちろん、演習問題や模擬試験問題2回分もついています。

こちらの問題集に関しては、「実際の試験問題とほぼ同じような問題が掲載されている」「これに書かれているような問題が多く出題されている」というユーザーの意見も。

しかし、年によって出題内容やその難易度に波があるため、丸暗記ではなくしっかりと理解しながら勉強することが大切です。

全体的に重要なポイントがわかりやすいのも魅力です。

また、こちらのテキストはまだまだテキストが少ないLinuCのレベル3の試験勉強にも利用できます。

 

まずは参考書や問題集を使って勉強してみよう!

エンジニアとして働くにあたり、持っておきたいLinuxに関する知識。初心者、上級者問わず、まずは知識を身につけて定着させることが大切です。

今回紹介したLPIC以外にも、LinuCやCCNAなど、IT関連資格はさまざまあります。

キャリアアップや転職の際、自分自身をアピールする材料として資格の取得は大きなメリットになります。

自分自身が今取るべき資格は何か、自分に合っている資格は何かを参考書を見ながら検討するのも良いでしょう。

なかなか自分自身の時間が取れない社会人の方、継続的に自分で学習をすることが得意ではない方などは、ご自宅でも受講ができるオンライン講座もおすすめです。

好きな時間、好きな場所に勉強できるという部分は、社会人でも学生でも大きなメリットになるはずです。

「TECHHUB」は、LinuCをはじめとするIT資格の対策講座をe-ラーニングで提供しています。

残念ながらLPICの講座はまだリリースしていないのですが、ただ今鋭意開発中です!

まだLinuCの資格を取得していない、という方は、まずはそちらの取得を目指してはいかがでしょうか。

「TECHHUB」のオンライン学習サービスは、初心者の方でもLinuCが理解できるよう設計されています。

初めて学ぶ方のために各章ずつに解説動画を使用し、さらに章末でテストを行い理解度のチェックをして、着実に知識を深めていける構成で学べるようになっています。

「TECHHUB」なら、インターネットとデバイスさえあれば、いつでもどこでもLinuC試験対策が可能です。

まずは無料でトライアルできるお試し受講に申し込んでみてくださいね。

LinuCオンライン講座

CCNA対策講座