はじめに

Excelシートで新たに数字や関数、条件付き書式を打ち込むといった編集、あるいは膨大なデータをフィルタやピボットテーブルを使って集計するにあたり、これまで手作業で多くの時間を消費してきた方、作業の時間短縮と精度を向上すべくVBAを活用してみませんか?

ここではVBAを始めるにあたりVBAの概要、VBAを始めるにあたりやっておきたいことを説明します。

概要

VBAとは、Visual Basic for Applicationの略で、主にExcelの表計算シートとは別のウィンドウとして表示されるエディタに処理内容プログラムを書き込み、実行することで作業を高速処理させることができるプログラム言語のことです。

Microsoft Office製品全般で使用可能でExcelのみで使用することが多いですが、ExcelとAccessを組み合わせて使用することもよく見られます。

また、WordやPowerPointで使用することもできますが、それは稀でありさらにはインターネット上でも情報が極端に少ないものとなっています。

VBAのコアな使い方として、webブラウザ(Internet Explorerのみ)を開いて情報収集させ、Excelシートへ記載することも可能です。

ここではExcelでの作業を前提としたVBAの準備を紹介します。

Excel VBAを始める準備

新規でExcelを開き、以下を実施します。

①リボンに開発タブを表示

 リボンに開発タブない場合は

 「ファイル」-「オプション」-「リボンのユーザー設定」

 で右のエリアにある『開発』にチェックマークを入れて『OK』をクリックすると、リボンに開発タブが表示されます。

②変数定義の強制を設定

 開発タブの『Visual Basic』をクリックまたは [Alt + F11]キーでVBAのエディタ(VBE : Visual Basic Editor)ウィンドウを起動し、VBEの

 「ツール」-「オプション」-「編集」

 にて「変数の宣言を強制する」にチェックが入っているかを確認します。
 チェックがない場合はチェックを入れて「OK」をクリックします。

③ファイル拡張子を『.xlsm』として保存

 現在開いているExcelファイルの拡張子が『.xlsm』になっていない、またはまだ名前を付けて保存をしていない場合は

 「ファイル」-「名前を付けて保存」

 にて、『ファイルの種類』を「Excel マクロ有効ブック」として保存します。
 ファイルの拡張子が『.xlsm』となることでVBAの使用が可能となります。

以上でVBAの開始準備は完了となります。