Excel VBA

VBA超入門シリーズ:その0 ~開始準備~

はじめに

大量のデータをExcelで処理していたり同じ作業を淡々と繰り返していたり、多くの時間を費やしてExcelを使っていた皆さん!
VBAを使って作業の自動化をしてみませんか?作業の時間短縮や精度の向上が可能です!

 

”ぶいびーえー”って何?? おいしいの?

 

私もこんなレベルからでした… 身に付けばおいしい知識です!
まずはVBAを始めるにあたりやっておきたいことを説明していきます。

概要

VBAとは「Visual Basic for Application」の略で、ExcelやAccessなどMicrosoft Officeの各アプリケーションの処理を自動化するためのプログラミング言語です。

 

VBAではこんなことができます。
 ・手作業が大変なので自動処理
 ・テンプレートを使いメールを送信
 ・別ファイルからデータの抽出、出力
 ・テトリスやインベーダーゲームの作製
 ・パズル(数独)を解く
などいろいろできます!

 

Excel VBAを始める準備

①リボンに開発タブを表示

 

 

リボンに開発タブがない場合は
「ファイル」-「オプション」-「リボンのユーザー設定」
で右のエリアにある『開発』にチェックマークを入れて『OK』をクリックすると、リボンに開発タブが表示されます。

 

 

②変数定義の強制を設定

開発タブの『Visual Basic』をクリックしVBAのエディタ(VBE : Visual Basic Editor)ウィンドウを起動し、VBEの
「ツール」-「オプション」-「編集」
にて「変数の宣言を強制する」にチェックが入っているかを確認します。

 

チェックがない場合はチェックを入れて「OK」をクリックします。

 

 

③ファイル拡張子を『.xlsm』として保存

現在開いているExcelファイルの拡張子を『.xlsm』にして保存します。
「ファイル」-「名前を付けて保存」

 

 

以上でVBAの開始準備は完了です。

 

次回からはVBAに触れていきます!

 

「VBA超入門シリーズ:その1 ~コードを書く前に~」に続く