EIGRP | TECHHUB ラーニング ITインフラ資格の取得を目指すeラーニング講座

用語集

EIGRP

Enhanced Interior Gateway Routing Protocol:
Cisco独自のプロトコルで、RIPに代表される「ディスタンスベクタ型」のルーティングプロトコルと、OSPFに代表される「リンクステート型」のルーティングプロトコルの長所を組み合わせた「ハイブリッド型」と呼ばれるルーティングプロトコルのこと。
Cisco独自のプロトコルのため、他社製ルータ混在のマルチベンダ環境ではサポートされない。
ネイバーから受信したすべてのルートをトポロジテーブルに格納し、DUAL(Diffusing Update Algorithm)というアルゴリズムを使用して、宛先までの最適ルート(サクセサ)とバックアップルート(フィージブルサクセサ)を選択し、最適ルートをルーティングテーブルに格納する。
サクセサがダウンしフィージブルサクセサが存在しない場合、代わりとなるルートを見つけるために、ネイバーに経路を自らが問い合わせる。
ネイバー関係の維持・管理は、Helloパケットだけ送受信し定期的なアップデートを行わなず、トポロジ変更時には、ルートに関する部分的な情報のみをトリガードアップデートする。
メトリックは、帯域幅・遅延・信頼性・負荷による複合メトリック(デフォルトは帯域幅、遅延)。
等コストおよび不等コストのロードバランス、クラスレスルーティング(VLSM)と不連続ネットワークをサポートしている。

用語集検索

頭文字から探す

アルファベット順