タイピングが苦手だった私が選ぶ優良サイト5選

Text By:techhub

IT業界で仕事をしていくにあたって、避けて通れないのがパソコンの“タイピング”です。

今回“私、タイピング苦手なんだよなぁ・・・”、“ローマ字入力だけでなく英語も速く打てるようになりたい”という方々におすすめのサイトを、元々タイピングが苦手だった私が使った優良サイトやサービスを無料のみに絞って5個厳選してみました。

参考程度にぜひ使っていただけたら幸いです。

おすすめのタイピングサイト5選

1.寿司打-SushiDA-

回転寿司をモチーフにしたローマ字入力用のタイピング練習ゲーム。寿司のネタの名前から全く関係ない単語や短文まで出題されます。難易度は全部で5つ、各難易度に3つのコースがあります。コースは”お手軽”、”お勧め”、”高級”となっており、文字数がお手軽で2~7文字、お勧めは5~10文字、高級で9~14文字です。ミスタイプの回数もわかるようになっているので、結果を踏まえながら練習できます。
寿司打-SushiDA-

2.e-typing

ローマ字タイピングと英語タイピング、かなタイピングのあるイータイピング。出されるお題はその季節などに沿ったものが出題されます。(例えば梅雨等)演習終了後に表示される結果で出題されたお題と入力ミスの個所が赤文字で表示されます。入力時間や入力文字数、正確率、苦手キーなど細かな項目で自分のレベルを計測してくれるので、早く上達したい人にとっては参考になるかのしれませんね。
e-typing

3.夜の森タイピング

ストーリーを進めながらタイピングを練習していくタイピング練習用ゲーム。ホラーゲーム要素があるのでホラーが苦手な人には不向きかもしれませんが、ストーリー仕立てなので飽きずにタイピング練習ができます。私はホラーの演出に焦ってしまって正確なタイピング練習ができなかったので黙々と練習したい方には向いていないかもしれません。
夜の森タイピング

4.雑念打!ver2

電車の中で普段皆さんが考えていそうな”雑念”を題材にしたタイピング練習用ゲーム。次々と浮かび上がってくる雑念をタイプで打ち消しながらタイピング練習するのですが、雑念を読むのが楽しく、つい夢中になってしまいます。難易度レベルも9つと豊富でタイピングに自信がある方でも手ごたえのある内容となっています。
雑念打!ver2

5.皿打(サラダ)

小人がお皿の食べ物を取ろうとするのをタイピングすることで防ぐといった内容のタイピング練習用ゲーム。単純なタイピングスキルももちろんの事、小人がどの食材をどのタイミングで取りに来るかによって優先順位をつけながらタイピングをしなければなりません。難易度も4つあるので自分のレベルにあった難易度を見つけトレーニングすることが可能です。
皿打(サラダ)

まとめ

タイピングで早打ちやブラインドタッチができるようになりたいと思っても、なかなか一朝一夕ではいかないものです。

ここではそんなタイピングスキルを成長させる補助のようなものとしてタイピングのLearningサイトをご紹介させていただきました。紹介したタイピング練習のためのサイトやサービスを利用しただけではスキルが伸びるわけではありません。

あくまでもこれらのツールは補助であって、”あなた方自身のやる気”がないことにはうまくいきません。

本気でタイピングを練習したい、目指す目標がある人はぜひこの機会に今回紹介したLearningツールを継続的に活用してみてくださいね。