「ドキュメント作成のお供に」スクリーンショットツールを紹介

Text By:techhub

はじめに

インストール手順書や設定手順書などのドキュメント作成の仕事をしていると、時には作業画面をスクリーンショット(画面キャプチャ)で画像にし、必要な部分を切り取ったり消したりと加工する作業が発生することがあります。

図を用いての説明は、言葉では説明の困難な箇所を直感的で分かりやすくできる反面、作る側は図を大量に用意する必要がある為なかなかの手間となります。

windowsの機能で、まずはPrintScreenを押し、ペイントに貼り付け、必要な箇所を切り取るだろう(そしてここが綺麗にできない)。

それを1枚1枚作成・保存していくことになるのですが、こんなことを素直にやると、とても面倒でたまりません。

以前の記事「FTPファイル転送は自動化して無駄な手間を省きましょう」でも話が出ていたように、ITエンジニアは如何に業務を効率化するかが重要です。

そこで、こういうちょっとした手間を省くフリーツールがあるので、折角なので紹介します。

知っておきたいフリーツール

紹介するのは以下の2つ

・Clipsave
・VIX

いずれもVectorなどで入手できます。

windows7がサポートバージョンに含まれていませんが、動作するのは確認済みです。

Clipsave

「clipsave」は、「PrintScreen」を押すだけでスクリーンショットの画像を連番で作成してくれます。保存形式はBMPかJPG。

作成されるファイルは「prifix+日付+通し番号」のファイル名で採取でき、アクティブウィンドウや全画面を切り替えることもできます。

とにかく次々スクリーンショットを取得していく作業には非常に強力なツールです。似たようなツールでは「WinShot」というのがあり、自分のなじみやすい方を使うといいでしょう。

VIX

もうひとつの「VIX」は本来画像ビュアーだが、画像のリサイズやトリミング、回転などの画像操作が簡単。

特にトリミングは、切り取り範囲を何度も微調整できるのが個人的に優れていると思う点です。

ついでに画像のデータサイズを小さくできるので、画像の多いドキュメントを軽量化できます。

いかがでしょうか。

冒頭のような資料を作成するときは、これらのツールが作業時間を大きく短縮することに貢献できることでしょう。